坂本 九 思い出記念館

坂本九記念館のご案内

「ハロー皆さん、坂本九記念館へようこそ!
あしたがある、明日がある♪♪」

この地で社会参加への道を歩むハローの人々の生きる心の糧となり、この地を訪れる人々とのふれあいの場となる「記念館」、ハンディをもつ多くの人に生きる勇気と輝きをプレゼントしてくれた「九ちゃんの功績」とあの素晴らしい「笑顔の思い出」を永久保存の「記念館」です。

これからもさらなる福祉の意志を受け継ぎ、その役割を果たす場となるよう願っています。


坂本 九 思い出記念館を写真でご紹介

ハローENJOYとの関係

坂本九さんは生前、STVテレビ「ふれあい広場サンデー九」に出演し、各地の福祉施設でさまざまなハンディに負けずに頑張っている仲間達を紹介し励まし続ける一方、チャリティコンサートを開くなど本道の福祉の問題に永年関わり、その啓発に大きな足跡を残しました。

栗山町字大井分に九さんとの縁が出来たのは、知的障がい者通所授産施設「栗山ハロー学園」のロックバンド「ハローブラザーズ」が福祉関係のコンサートなどに出演したことなどから交流が続き、事故の二週間前にも「サンデー九」の仕事で大井分を訪れ、ハローの仲間や地元大井分の人々と交流を深めました。


ハローブラザーズバンドとは

知的障がい者のケアを中心とした障がい者の社会就労センター『ハローENJOY』の栗山・岩見沢・札幌の各所に在籍の利用者、スタッフとその仲間達で構成しているスタンダードなバンドです。

演奏する曲は、主にオリジナルナンバーでありますが、フォークソングや加山雄三さん、故坂本九さんの曲などもよく唄ったりしています。

演奏テクニックは稚拙でありますが、音を楽しむことは人一倍です。
さまざまなイベント等に参加させて頂いておりますが、これからも都合のつく限り、内から外に演奏活動を続け、友達の輪を広げていきたいと思っています。

事業概要

この記念館は999名の建設協力者の寄附金で建設され、事業運営は全部ボランティアで行っております。多くの皆様方の御協力に感謝申し上げます。

名称 坂本 九 思い出記念館
所在地 〒068-0352 北海道夕張郡栗山町大井分256番地21
電話番号 0123-76-3939
開演時間 午前10:00 〜 午後4:00
休館日 毎週月曜日(但し祭日と重なった場合は開館)、年末年始
設備 駐車場10台、トイレ(車椅子用あり)
建物の
こだわり
建物はカナダ杉を使った木造平屋建てで、建築面積は220㎡。
九ちゃんにちなんで九角形の塔がシンボル。建物全体の平面は、9の字。
メインのショーケースも九角形ならテーブルも9。
記念館で最初に出迎えるのは「九の門」次に九ちゃんのあの「笑顔」です。

札幌市内からのアクセス

夕鉄バス利用の場合

  • 【大通西3丁目】 乗車 【夕張行】
  • 大谷地バスターミナル経由
  • 【継立】降車、徒歩□分

中央バス利用の場合(高速バス又は札夕線特急バス)

  • 【中央バスターミナル(北1条東1丁目)】 乗車 【夕張行】
  • 【継立】降車、徒歩□分

JR利用の場合

  • 【札幌】 乗車
  • 【岩見沢】 駅乗換え
  • 室蘭本線 【栗山駅】 下車

栗山駅よりタ鉄バスか中央バスあり/タクシー利用:約□分(約2,300円)


スマートフォンサイトへ